友だちになりたい

友だちっていつから友だち?

友だちってどうやって作るの?

 

 

 

 

 

気があって、気付いたら一緒にいることが多くて、いつの間にか友だち。

 

会うことが少なくても、忘れた頃に忘れないで会う友だち。

 

環境が変わって、疎遠になった友だち。

 

 

*

 

こないだ、だいすけお兄さんのコンサートに、唯一に近しいママ友に教えてもらって、前から5列目のチケットをとることができた。(すごいの!絶ッッッッたい私が手を振ったときに私に向かってだいすけさんうなづいてくれたの!周りに手を振ってるひと私だけだったもん!!!!!)

 

だいすけお兄さんの歌で、なんか子どもたちへのメッセージというよりも、親な大人に向けてるんかなと思うメッセージがところどころあった。

「大人になるってしんどい。でもさ!」みたいなw

 

大人になると、、そこにいたからとか、そこにいて気が合ったからとか、そういう、おそらく子どものときに成り行きとか自然にできていたことを頭でっかちに考えてしまう。

友だちづきあいに駆け引きとかいるの?

余談だけど、最近の高校生は大変そうだよw

(なんかね、GPSで友だちも彼氏もどこにいるのか把握するらしいよ?そうじゃないと不安なんだって。おばちゃんビックリ。怖いわー。)

 

 

*

 

私は心地の良いようにふわふわ流れていたい。

高校の同級生の夫は、私につかみどころがないイメージが強かったと言う。

芯は強情なまでにとどまっている方だと思うけど、心地よい空気が流れるところに漂っていたい。

ずっとずっとそうだったし、今もそうなんだろうと思う。

 

 

わかってくれる子はときどき確実にいて、たとえば、高校の同級生のあやのちゃんが私の近くにいるときは本当に空気のように存在していて心地よく私は漂える。それがなぜだかわかんない。

 

 

 

*

ときどき心地よい空気が流れる人を見つける。

どうしたら友だちになれるのかな?

 

小学校に入学する前のこどもみたいな気持ちで、会える日はワクワクする。

 

 

 

私の写真を好きだと言ってくれる。

それもすごくスマートに言われる。鼻息荒くないというか←

納期もめっちゃ遅いし、どうしようもない私を、心地よい空気で待っててくれる気がしてならない。

いつでもいいからと言ってくれる。

それに甘えたいわけじゃないけど、大好きだ。

使う言葉も、身なりも仕草もとても心地よくて。

 

 

 

 

好きと言われるパワーははかりしれない。

ときどき凶器にさえなるけど、それは今日は置いときますw

 

そういう人との時間をまずは大切にしようと思う。

荒んだ心じゃカメラとも誰ともろくに向き合えない。

心を込めて撮る源かもしれない。

 

 

 

 

 

リア充の向こう

オイスターバー行ったことある?

 

私は結婚したかしないかの7年くらい前に、大学の好きな先輩と行ったことがある。女友だち分類なのかなあ。最近、いろいろあって、会えない。ま、いろいろあるよね。

 

 

で、ひさびさ、あかねちゃんと行った。思いつきで。

思いつきで高級デパートだなんて、田舎の庶民が、バカ言っちゃってる。

リア充っぽい、を追求したいわりに、顎に手を置けばいいと思ってる写メね。

 

 

最近のスマホカメラのフィルターが充実している。

シワもシミもちょちょいのちょいだ。目の大きさだって二重顎だってちょちょいのちょい。

ちょちょいのちょいでリア充が演出できる。

 

 

最近、AndroidからiPhoneにかえたばかりのあかねちゃんは衝撃を隠せないようだ。

やはり、Androidでは体感できない何かがある模様。

 

 

それは革新だ。

カメラももう第四世代だっていうじゃないか。

人間は進化に追いつけないの?追いつこうと必死やない?

 

そもそも第四世代ってどんな世代か知ってる?

 

 

 

とか、言いたいわけじゃなくて。

写真は真実であって真実じゃない。程度のことを言います。

 

そのリア充はリア獣かもよって思わない?(ちがう、。リア充って変換したいのに私のmacがリア獣リア獣って何度も何度もうざいくらいに言ってきて、もうリア獣でいいかなっていう諦めから言ってるのもあって深い意味ないですごめんなさい)

 

表面の真実っぽいことの裏側になにがあるのかまで見てないし、見る必要もないし、べつに見せる必要もない。

でも、私はそっちの方が見たいな。

しかも全員のが見たいわけじゃなくて。お互いに興味あるごく少数の人とそういう話ができればそれでいい。

 

 

写真って、撮ったのに自分のイメージ通りじゃないことがある。

で、イメージに近づける努力をする。

 

で、そのイメージは。真実なのか。

いかに自分の真実に気づくのか。

ふんわりさせたい理由。

パキパキさせたい理由。

メラメラさせたい理由。

 

 

誰かの真実っぽいことに翻弄しない自分が要る。

 

 

 

私はとにかく撮るしかないのか。

撮ってどうなりたいのかもわからない。

 

それは、いいねって誰かに言ってもらいたいだけなのかもしれない。

いいねって自分が思った写真を一緒にいいねって言いたいのかもしれない。

 

それはSNSのいいねじゃ実現できない。

よっぽど、さっきの写メのあかねちゃんとは、写真を一緒にいいねする仲じゃない。好きなものがちょっとずつ違うから。お互い全然分かり合えないこともあるし。

 

オイスターバーでも、私の悪い癖が出て、反省してるのです。

だけど、生牡蠣は美味しかった。気がする。(正確には、オイスターバーの素敵空間から見える両口屋是清の看板でかいなって思ったことのほうが覚えている。)

 

 

 

絵本は親が与えないと子どもは選べない

ブログをちょこちょこ再開しようと思います。

ので、イベントのお知らせもちょいちょい埋もれないように更新してこうと思うのですが、見てもらえてるのかな。見てもらえてない前提ですよ、もう。でも優しい方、おつき合いください。

 

で、タイトルのなんだけど。

 

6月?にうちの子の保育参観の時のネタだから、うるおぼえだし、だいぶ嚙み砕いちゃってるけど、ためになったから、メモ程度だけど、参考にしてね。

 

 

保育参観の後に、講演があって、それが絵本についてだった。

 

 

こどもはいろいろな絵本が好きだ。

 

たとえば、詩的な、一般の親には理解しがたい、おしゃれなww、絵本を好む子もいる。

統計的にいえば、有名な、画家や歌手、スタイリストとか、そういったアーティスティックな人々の子どもの頃に多い。

だから、一概に、親の好みで、それを拒ませる必要はないよね。

 

 

たとえば、ただただ包丁が何かを切る、なんとなくタブーな絵本(公演の時はもっと詳しい説明あったけど忘れちゃったww)が好きな子もいる。

親には理解しがたいけど、それを何度もなんども読んでってせがむし、読めばゲラゲラ笑う。的な子。

それもまた良い。大人になって芸人になった人もいる。

 

 

 

ただ、こどもたちは親に絵本を与えられないと、絵本を選べない。

 

ないものは選びようがない。

親に与えられて初めて絵本を手にする。

好きなジャンルはそれぞれだけど、その好きなジャンルを見つけられるかどうかは、親が与えないとわからない。

 

だから、いろんなジャンルの、いろんな絵本を与えてあげてください。

 

最近ではいろいろ工夫されたものも沢山ある。(割愛)

 

こどもは繰り返しが好きだ。何度も読んでほしいものは、ぜひ、スマホなどをおいて、付き合ってあげてほしい。

 

 

 

めちゃ短くまとめてしまったなww

 

 

ここからは私見だけど、だから、親自身が、ものすごく選り好みしていることに気づいた方がいい。

自分の好きなものを押し付けてる、とまで言ったら、キツいけど。でも、ま、そうでしょww

自分が小さいときそうだったから、とかもわかるよ。でもそれも自分の価値観で、自分じゃない世界はそうとは言い切れない。

 

 

 

だけど、親の私がご機嫌であることがいちばんだ。

だから、私は私の好きなものを選ぶ。

 

だから、こどもも好きなものを選ばせる。できる範囲で。←これ重要と思ってる。できる範囲で

 

私と生きてる以上、私の好みに傾倒するのは仕方ないでしょ。でもそれでも選ばせる場面は選ばせたい。けど、私が苦痛ならやらない方がいい。(と思わない?)

 

 

 

今日なんてお弁当で、朝は地獄みたいな戦争みたいなだった。

しかも、私ったらなんとなく余裕でいつもより遅く起きたしw

なのに準備してないもんだから、バスに乗り遅れそうで、バス乗る寸前に次女の薬を飲ませた。(いま継続投薬中なの。)

 

けど、長女がお弁当が楽しみすぎて長女が大嫌いなトマト入れてほしいって昨日の買い物で選んできたもんだから買いたくなかったけど買ったし、今日入れたし。アンパンマンがいいっていうからいびつなアンパンマンおにぎり入れたよ。唐揚げとちくわときゅうりと焼きそばも。入れるとこなかったけど、無理矢理入れたよ。

 

 

 

昨日義母が来て、食材にしても服にしても、子どもたちが選ぶことを褒めてくれた。

 

 

 

 

ああああ、話がそれてしまっている。

頑張ってるのだ。と言わせてw

 

戻すと、選べる場面なら選ばせてあげたいと思った。

 

だけど、親が選ばせる機会を与えないと、こどもは選べないんだ。

 

 

 

うちの子ふたりを、最強の、アーティストに育てたいわけじゃないけど。

選ぶ、ということをするかしないかで、未来はちがうかもしれない。

 

こどもたちが自分で選んだ人生に、ときに本人んたあが悔めど、それはそれで笑ってるばあさんになりたい。ばあさんは私ね。

 

 

そうか。絵本もなのか。

と思った。なぜなら私は絵本の読み聞かせが嫌いなので、絵本は全く買ってあげたことがなかったのダーーー。

買っても、絵が可愛いやつね。私の好みの。

 

いかんね。

もう、ノージャンルで、与えよう。

図書館とか園の貸し出しでもいいね。選んできてもらおう。(けど、私は図書館や中古が苦手だ。余談ね。これについての克服はまた別ブログにしよう。)

 

 

 

ということでした。全部、私見です。私の価値観のごり押し。

 

やまきたともか

Instagram▶︎ https://www.instagram.com/ymkttmk.com_/
プリーズ・フォローミー❤

※写真は無断使用・転載しないでください。Please don’t use my photos without permission.‬

 

【満席御礼】10/13 ハロウィンモチーフベビー撮影会@メディアコスモス

◆ご予約の公平性を期すために、メディアコスモス撮影会の募集は、一律で、毎度の撮影会翌日に次回撮影会の告知開始させていただいています。(10/13分は9/23(9/22の翌日)、11/6と11/29分*は10/14(10/13の翌日)となります。)

*11月は2回開催しますが、同じ内容なので、どちらかのお日にちでご予約ください。重複してのご予約はお受けしない予定です。

 

◇告知開始の時間帯は午後13時以降21時の間の予定ですが、やまきたともかが配信・対応できる時間帯が月によって異なるので毎月変動します。何時に配信するかの予告はしません。ご容赦下さいm(._.)m

 

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

 

とことこ歩き前の赤ちゃんとママ限定イベント♡

 

毎月、満席いただいてますメディアコスモス撮影会のご案内です。

 

そして、募集開始前から、お問い合わせいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんのとっておきの可愛さを、写真に残しませんか?

 

10月のテーマは・・・

ハロウィン。

 

 

ハロウィンっぽいフォトブースをつくります。

 

お手持ちの仮装グッズがあればご持参ください。

 

 

 

 

 

メディアコスモスの撮影会では、

お渡しするデータの中から1枚を当日その場プリントしてプレゼントしています♡
※データ(2カット)は、後日、スマホでもパソコンでも見れるアルバムサイトにて納品いたします

 

 

 

なので、
その場で手にとって見れて、
その日に飾れちゃうし、
その日に自慢できちゃう!

 

 

 

 

 

 

しかも、メディアコスモス撮影会にご参加の親子さまで、6回以上ご参加いただきますと、オリジナルフォトブックをプレゼント!!

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

衣装の持ち込みは自由です♡

 

男の子も女の子もお越しください♡

 

 

 

 

 

 

 

気軽に赤ちゃんの写真をのこしたいという方も。

 

毎月の成長記録を残したいという方も。

 

ともちゃんってどんな人だろう?という方も。

 

 

ともちゃんが単独で開催するイベント撮影会で、新規の方も参加できるのはメディアコスモスのみ。

 

ぜひ、会いに来てください♡

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・

ハロウィンモチーフ・ベビー撮影会@ぎふメディアコスモス

 

◉とことこ歩き前のベビー限定

走り出す前の赤ちゃんならOK!赤ちゃんがいればお兄ちゃんお姉ちゃんの参加もOKです。

 

◉衣装の持ち込みは自由です

ハロウィンっぽいを沢山準備したフォトブースで撮影しましょう。

テーマカラーは、むらさき・オレンジ・グレー。

 

◉後日アルバムサイトにて2カット納品いたします(追加購入OK!)

納品データのうち1カットを当日会場にてプリントしてお渡しします

 

 

■日時

10月13日(金)10:00~15:00

◉完全予約制です(1枠1組様限定)

10:00~10:20 ご予約ありがとうございます

10:30~10:50 ご予約ありがとうございます

11:00~11:20 ご予約ありがとうございます

11:30~11:50 ご予約ありがとうございます

12:00~12:20 ご予約ありがとうございます

12:30〜12:50 ご予約ありがとうございます

13:00~13:20 ご予約ありがとうございます

13:30~13:50 ご予約ありがとうございます

14:00~14:20 ご予約ありがとうございます

14:30~14:50 ご予約ありがとうございます

 

◉ご予約時間の10分前までに会場にお越しください。

 

◉次回開催は、同会場にて、11月6日・29日(年賀状)、12月25日(クリスマス)の予定です。(※日時変更・モチーフ変更する可能性があります。ご了承ください)

 

 

 

■場所

みんなの森 メディアコスモス 集まるスタジオ

http://g-mediacosmos.jp/

 

 

■料金

2カット(1プリント付) 4000円

写真掲載OKの方は、3000円(受付にて承諾の可否をお伝えください)

 

◉データは後日アルバムサイトにて納品いたします

◉納品データの中から1枚当日L版プリントしてプレゼントいたします

 

◉納品データの追加は、1カット毎に1000円にて承ります

 

 

■お問い合わせ・ご予約

ママのお名前、赤ちゃんのお名前と月齢、メディアコスモス撮影会希望とお伝えください。ご希望のご予約時間も明記ください。(できれば第3希望まで!)

 

(専用メールフォーム)

※ info@yamakitatomoka.comのメール受信許可をしてください。

※ 2日以内に返信がない場合は、お手数ですが、058-372-3378までご連絡ください。

 

 

お電話でのご予約は、058-372-3378 にてお待ちしております。

※ 留守番電話対応の場合は、お名前と連絡先をご伝言ください

 

 

 

やまきたともか

Instagram▶︎ https://www.instagram.com/yamakitatomoka.com_/
プリーズ・フォローミー❤

※写真は無断使用・転載しないでください。Please don’t use my photos without permission.‬